グリーンスムージーの特徴とは?

MENU

グリーンスムージーの特徴とは?

グリーンスムージー,特徴

グリーンスムージーの特徴は材料の準備から片付けまで10分かからないのに、お手軽に葉野菜や果物を効率よくお手軽に取り入れられることです。準備や時間がかかることだとなかなか続けることは、難しいですよね。

 

ミキサーでしっかり野菜とフルーツを細かくするので、野菜とフルーツの栄養素を閉じ込めている細胞壁も同時に細かくなります。
そのため、スムージーの形になったときには体が栄養を吸収しやすい形になっていますので、無駄がありません。

 

細かくしても生の野菜やフルーツを原料にしているのがグリーンスムージー。
飲むときにはまだ食物繊維が残っていますので、食物繊維が消化活動を健康なものに改善してくれます。

 

 

グリーンスムージーの意外な特徴!?

もう少しグリーンスムージーの特徴を紹介したいと思います。

 

生野菜の緑が色鮮やかなグリーンスムージーは、フルーツと野菜の割合が6:4が理想です。
この割合にすると、色は鮮やかな緑のままですがフルーツの甘さをしっかりさせつつ野菜がさっぱりと味を締めてくれます。

 

誰もが飲みやすいグリーンスムージーを作ってくれますよ。
生後6ヶ月の赤ちゃんでもグリーンスムージーは飲むことができます。

 

離乳食やミルクだけでは不足しがちな栄養素をしっかり補えます。

 

野菜ってサラダの形や煮物にすると醤油やドレッシングを使いますよね。

 

醤油はもちろんのこと、ドレッシングにはびっくりするような量の油と塩分が含まれています。

 

しかし、野菜をグリーンスムージーにして食べると、ドレッシングも醤油もいらないので塩分も油分もカットすることができます。
内臓にも負担がかかりませんし、生活習慣病予防にもなります。

 

お手軽に野菜やフルーツを摂取できるグリーンスムージーを試してみてください。


スポンサーリンク


この記事を気に入ったらシェアしてね♪