グリーンスムージーは作り置きってNG?

MENU

グリーンスムージーは作り置きってNG?

グリーンスムージー,効果,作り置き

グリーンスムージーは、野菜の下準備からミキサーにかけあと片付けまで10分あれば全て終わってしまいます!お手軽に毎日習慣にできるのがグリーンスムージーの魅力なわけですが、朝の忙しい時間では、その5分〜10分がもったいなく感じてしまいます。

 

どうせ毎日飲むのだから、作り置きしたらもっと楽になるのでは?と、ふと思いつくかもしれません。
残念ながら、グリーンスムージーの作り置きはできません。

 

朝作ったグリーンスムージーは、どんなに時間がかかったとしても、その日のうちに飲み終わることをおすすめします。
例え、作りすぎて翌日まで残ってしまったとしても、ちょっともったいないですが、翌日の朝にはまた作り直します。

 

ここでは、なぜ作り置きはNGなのかを説明しています。

 

 

なぜ、作り置きはNG?

グリーンスムージー,効果,作り置き

作ったグリーンスムージーはできるだけ早く飲む必要があるのは何故でしょうか?

 

葉野菜や果物に含まれた栄養素が時間とともに酸素に触れることによって、他の物質に変化してしまうからです。
つまり、グリーンスムージーは作りたてが一番栄養素が高く、時間が経つにつれて栄養素はどんどん失われていくのです。

 

リンゴやバナナは皮をむいて置いておくと変色して、味や口当たりが変化してしまいますよね。
これと同じことがグリーンスムージーにも起きてしまうのです。

 

そのため、飲む都度に野菜や果物をミキサーにかけて用意するのが、グリーンスムージーの理想です。

 

作ったらすぐに飲むことがポイント!

 

作り置きができないグリーンスムージーだからこそ少しずつ入れる野菜や果物を変化させて、味の変化を楽しんで飽きないグリーンスムージーを楽しんでください。


スポンサーリンク


この記事を気に入ったらシェアしてね♪