グリーンスムージーを飲むと好転反応が?

MENU

グリーンスムージーを飲むと好転反応が?

グリーンスムージーを飲むと好転反応が?

グリーンスムージーと好転反応

 

グリーンスムージーを飲み始めたら、ふと、ある症状が生じるかもしれません。それは飲むことを習慣にし始めると、好転反応と呼ばれる症状が起きることがあります。

 

好転反応は人によってグリーンスムージーを飲み始めたばかりの頃に、眠気、頭痛、吐き気、肌荒れ、便秘や下痢、人によっては発熱の症状まで出る方もいます。

 

肌を綺麗にしたくて飲み始めたのに!

 

便秘を解消したくて飲んでいるのに…

 

…とこれでは本末転倒ですよね。

 

実は、これには理由があるのです。
ここでは、グリーンスムージーと好転反応の関係について説明しています。

 

 

なぜ、好転反応が現れるのか?

グリーンスムージー,効果,便秘,ダイエット,美肌,飲み方,レシピ

私たちは毎日生活を送る中でストレスや紫外線、添加物などに体がさらされています。

 

これによって体の中には、活性酸素が発生します。

 

活性酸素というのは、口から摂り入れた食物を酸素の力、つまり酸化作用によって燃やした後に発生する燃えカスのことです。

 

この燃えカスが活性酸素という物質のことをいいますが、実は、活性酸素は体内に入ると、老化や様々な病気のリスクとなる物質です。
厄介なことに、活性酸素は私たちが生きている限り、発生し続けるのです。

 

だから、体の細胞を傷つける活性酸素を除去するためには抗酸化物質が必要となります。
嬉しいことに、グリーンスムージーには抗酸化物質の豊富な野菜や果物が入っているので、活性酸素を除去してくれます!
※関連記事→グリーンスムージーは抗酸化物質の宝庫!

 

この活性酸素をグリーンスムージーは外に出してくれるのですが、それによってさまざまな症状が発症するのです。

 

部屋を片付けようとすると、ゴミとそうじゃないものを外に出して、片付ける前より一時的に散らかりますよね。
好転反応は、いわば体の中をお部屋のように綺麗にしている途中に起こる症状なのです。

 

しかし、この好転反応は個人差があり誰しも起こりうる症状ではありません。
グリーンスムージーを飲んでも全く好転反応が出ない方もいるわけです。

 

たとえ好転反応が出現したとしても、グリーンスムージーを繰り返し飲んでいくうちに徐々症状がおさまっていくので安心してくださいね。

 

もし好転反応がひどい方は飲む回数を減らしたり水で薄めて飲むなど体をグリーンスムージーに少しずつ慣らしていくと症状が軽減していきます。

 

無理せず健康的にグリーンスムージーを楽しみたいですね。


スポンサーリンク


この記事を気に入ったらシェアしてね♪